2009年09月10日

日本での栽培は基本難しい

日本では露地栽培により果実を実らせることが難しいため、農家ではビニールセフレ栽培を採用している。ハウス栽培される目的は高い気温の確保ではない。気温が乱交的台湾と似ている沖縄県においても、出荷用のマンゴーはハウス栽培である。これはマンゴーの開花時期が日本の雨季と重なるため、水に弱いマンゴーの花粉を雨から守ることで受粉をさせ、結実させる目的から行っている。
posted by まんごー楽園 at 10:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。